読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「WD7S」 〜BESSワンダーデバイス住人のブログ〜

ログハウスメーカー「BESS」のワンダーデバイスに住んでる人がダラダラ書いてるブログです。

照明2 ダイニング

我が家の照明。第二回です。

 
過去に紹介したものは下記にて。
 
第二回 ダイニング照明
 
配置的には最初に提案された
 
ライティングレールにペンダントライト2つ
 
という構成でそのまま行くことに。
 
ここの照明はすぐに決まっていて、
アートワークスタジオ社の
 
フィッシャーマンズペンダントライト
 
にしました。
 
 
 
f:id:moyashi_takada:20140220002744j:plain
引き渡し時に撮った写真
 
ガジェットでもらった2mの古材テーブルと、寸法的にもベストマッチでした。
 
傘の上部にも穴が空いていて、天井にも光が漏れるのがとても気に入ってます。
 
アートワークスタジオの照明は他にもいくつか購入しました。
 
BESSに合う雑貨・インテリアメーカーというと、
まずDULTON社が浮かびますが、アートワークスタジオもかなりオススメです。
 
 
契約が終わって、これから照明を…という方や、
まだ建てる予定は無いけど先に照明とかも見て色々妄想したい…という方。
 
ホントに他には無いようなデザインの物が揃ってますので、見てみると良いです。
 
あと照明選定時にかなり悩んだのは明るさ。
これはなかなか情報が少ないので、室内照明に関しては全部触れるようにします。
 
フィッシャーマンズペンダントライトは標準で100W白熱球がついてきます。
それを2灯つけてますので、もう十分すぎるほど明るいです。
しかも結構テーブルから近い位置にあるので、
 
軽く暖が取れる
 
ぐらいのレベルですw
 
ダイニング用途なら40Wとか60Wでも良いかも。
 
ちなみにウチは竣工5ヶ月で既に電球が2回切れました。やはりON/OFF回数が多いので。
 
これは別の機会に触れますが、電気代との絡みもあって、先日LED電球に変えました。
 
LEDはどうしても内部回路を搭載する関係もあって、
白熱球と異なりソケット側への光量が少なくなります。
 
そうするとフィッシャーマンズペンダントライトのウリである
天井側への光が減るんじゃないかと心配してましたが
 
f:id:moyashi_takada:20140220004321j:plain
 
こんな感じで十分風情が出てると思います。
 
むしろ気になったのは
 
f:id:moyashi_takada:20140220004418j:plain
 
この電球の色w
 
卵の黄身とか、ピンポン玉みたいな色してますw
 
光ると普通なんですけどね。
 
どうも100W相当のLED電球は、まだ発展途上にあるようで
放熱などの関係でこういった色になってるみたいです。
 
消灯時はあまり下から覗き込まれたくない…w
 
ちょっと脱線しましたが、ダイニング照明のご紹介でした。
 

広告を非表示にする